初心者でも簡単にできるネット副業、アフィリエイト、ブログ・ホームページの作り方を紹介

マイナスからのスタート

ポイント・アンケートサイト クラウドソーシング

クラウドソーシングで月15万円稼ぐ

更新日:

クラウドソーシングで稼ぐ方法

ネットでお仕事を探し、パソコンやスマホを使って仕事をして、ネットで提出するクラウドソーシング

クラウドソーシングは、インターネットを使って、仕事を発注したり、あなたができるお仕事を提案したりします。

 

アウトソーシングという言葉があります。

 

企業や官公庁などが、外部のプロにお仕事を依頼することです。
これに対して、クラウドソーシングでは、主婦や学生がネットを通して、企業や官公庁のお仕事をすることができます。

 

お仕事の流れ

企業や官公庁など、お仕事の発注者は、クラウドソーシング事業者のサービスを使って、ネット上に、お仕事の内容について、告知を行います。

 

それを見た主婦や学生が、見積もりなどを書いて応募します。
見積もりと言っても簡単に書けるような仕組みになっています。
発注者は、応募者の中から、最適と思われる人を選んで、お仕事を発注します。

 

その後、あなたがお仕事をし、発注者が完了した仕事について承認すれば、報酬がもらえます。

 

シンプルなお仕事もあります。
アンケートや記事作成などは、お仕事一覧から、仕事を選んで、すぐに作業することができます。

 

作業後、発注者が承認すれば、報酬がもらえます。

 

デザインのお仕事で稼ぐ

クラウドソーシングの多数あるお仕事の1つに会社のロゴや名刺デザインをする仕事があります。
お仕事の発注者が会社のロゴや会社の名刺デザインなど制作物を発注した場合、これを見た主婦や学生など一般の人がロゴや名刺を制作し応募します。
多くの人が応募した場合、発注者は、この中から制作物を選ぶことになり、報酬は一人だけになります。

 

このような形式をコンペ(competition:競争)と呼びます。

最近では、個人でブログやホームページを持つ方も増え、ブログやSNS運営者個人がクラウドソーシング事業者のサービスを利用して、記事の依頼やバナー、SNSのアイコン作成をすることもあります。

クラウドソーシングは、ネットを利用してやりとりするため、パソコンを使ったお仕事がたくさんあります。

 

登録料が必要なクラウドソーシングには入会してはいけない

現在、インターネットで検索すると、クラウドソーシング事業者によるサービスがたくさん見つかります。

悪徳業者に騙されない

以前は、登録料が必要だったり、仕事をしても、お金が振り込まれなかったり、報酬が少なかったなどのトラブルがあったという報道もありました。
登録料が必要なクラウドソーシング事業者とは契約しないことです。
また、登録は無料だが、仕事をするためにパソコンや通信機器一式を購入させ、パソコンのメンテナンス料や教材費・講習費用を取るような業者は信用できません。

最近では、多くのクラウドソーシング事業者が一時的にお金を預かるため、安心して利用できます。
パソコンを購入させるような業者もいません。
また、個人名を明かさずに取引ができるような仕組みがほとんどで、主婦や学生さんなど、一般の方でも簡単にクラウドソーシングを利用して、稼ぐことができるようになりました。

 

やればやるだけ稼げる

やればやるだけ稼げるクラウドソーシング
ブログ記事によるアフィリエイトでは、稼げるようになるまで、少なくとも半年はかかります。

 

これに対して、クラウドソーシングでは、仕事をすればするほど稼げます。また、評価が上がるにつれて、高単価のお仕事ができるようになります。
お仕事をこなし、評価が上がると報酬が2、3倍になります。

 

クラウドソーシングのお仕事を数ケ月間続けると、評価が上がってきます。

 

数ヶ月から1年くらい続けると、評価が上がることで、報酬が高い仕事ができるようになります。

 

評価が上がることで、効率よく稼げるようになり、月10万円を超えるようになります。
中には、数ヶ月で、30万円以上稼ぐ方もいます。

 

本業がある方でも、すき間時間を使ったり休日を返上したりして、お仕事を続けていれば、発注者から、お仕事の依頼がくるようになります。

本業がある方は、お仕事の依頼が増えると、すき間時間だけでは、やりきれなくなるかもしれません。

 

フリーランスで稼ぐ

お仕事の依頼が増え、本業をやめて、フリーランスでもしようかと考えることがあるかもしれません。
でも、一度立ち止まって考えてみてください。

クラウドソーシング、フリーランスで稼ぐ

1日にどのくらい稼げるでしょうか。
また、この依頼される仕事が継続的に来るでしょうか。

 

また、時間あたりの仕事量や報酬額を試算し、あなたの本業の給料と比較してみてください。
フリーランスになったら、税金なども自分で納める必要があります。
退職金もありません。
本業の給与とフリーランスの報酬、また生涯賃金などを比較し、これなら食べていけると思った時に、決断するとよいと思います。

 

お仕事の種類

タスク・作業

データ入力などシンプルで短時間にできる案件が多数あります。
仕事一覧から、あなたに合った仕事を選び、作業をします。
作業後、承認されると報酬が発生します。

 

タスクには、どんなお仕事があるか
  • アンケート
    アンケートの回答は、ポチポチと選択肢を押すだけのものや文字を入力するもの。
  • 名刺の画像を見て、パソコンで打ち込むお仕事
  • ブログなどの記事を書くお仕事
  • 商品のモニター
  • あなたが実際に使っている商品やサービスについて、口コミを書くものもあります。
  • 好きなアニメやドラマのレビューや感想

 

このように指示された内容について、お仕事を進めるものが多いです。
1、2分でできるものから、1時間くらいかかるものまで、多くのお仕事があります。

 

報酬は、数十円~数百円のものが多いです。

サイトの仕組みやルールに慣れるまで、報酬は、1時間あたり、500円くらいかもしれません。
クラウドソーシングの仕組みに慣れてくると、それ以上稼げるようになります。

 

アンケートなど、簡単な作業は、単価が安い傾向にあります。
なるべく高単価のものを探すと効率よく稼げます。
初めは、タスクから始めて、評価を上げてください。
あなたの評価が上がると、高単価のお仕事ができるようになります。

 

コンペ方式

お仕事の指示に沿った名刺のデザインやロゴ、ネーミング、ポスター、パンフレット、ちらしなどを提案するものです。

クラウドソーシング、コンペの仕事

  • 名刺作成(4,000円)
  • 会社のホームページロゴ、バナー(5000~40,000円)
  • ちらし、パンフレット(10,000~50,000円)
  • アプリのアイコンデザイン(50,000円)
  • ポスタ―(1,0000~40,000円)  など

あなたが完成作品を提案しますが、他にも提案者がいる場合、発注者が複数の作品の中から、どれを採用するかを決めます。
作品は、一人で複数、提案できる場合もあります。
採用されると、あなたに継続してお仕事の依頼がくることもあります。

 

プロジェクト方式

プロジェクトのお仕事の中には、在宅でできる翻訳やオンライン通訳、ブログ記事作成、ホームページ作成などのお仕事があります。
ブログ記事は、タスクより高い報酬がもらえるものが多くなります。

クラウドソーシング、プロジェクトで稼ぐ

報酬は、数千円のものから、30万円、50万円など大きなお仕事もあります。

 

プロジェクトでは、一覧に掲載されてる仕事の依頼内容に対して、あなたができる作業や見積もりを作成し、発注者に提案します。

 

作業内容や見積書は、Web上のフォームに入力するものがほとんどです。
実際のお仕事のようにワードやエクセルなどで作る必要はありません。

 

提案が採用された後は、ネットを使って依頼者と相談しながら仕事を進めます。

 

提案が採用され高報酬を得るには、複数のお仕事をして、あなたの評価を上げておく必要があります。
あなたの信頼度が高報酬につながります。
どんなお仕事があるか

  • 指定されたキーワードに関する内容をネットから集めてエクセルの表に打ち込む(3万円)
  • 美容やダイエットに関するWebコンテンツ5記事(10,000円)
  • エクセルの表からダイレクトメールの宛名や住所枠にデータをコピペする(50,000円)
  • 価格比較記事のライター(20万円)
  • 商品紹介、レビュー記事(5万円)

単発のお仕事もあれば、長期にわたって契約するブログ記事ライターなどもあります。

 

出品

あなたの作品や得意なこと(あなたのスキル)、知識などを出品することができます。

 

ココナラは、出品に特化したクラウドソーシング事業を行っています。
ランサーズは、「ストア」というお仕事の分類が出品にあたります。

クラウドソーシング、ロゴやバナーで稼ぐ

ロゴやバナー、アイコン作成などの出品は多いです。
パソコンを使った作業だけでなく、鉛筆画や水彩画によるお仕事もできます。
また、アクセサリーや雑貨などの作品も出品できます。

 

クラウドソーシングで雑貨、作品を出品する
デザイン系が多いですが、記事作成などの出品もできます。
あなたの趣味や経験、ノウハウを書いて売り出すこともできます。

 

あなたのブログやサイトに書くほどではないけど、ノウハウがあり、まとめることができれば、出品されてはいかがでしょうか。

 

私は、若いころに書いた趣味に関するノウハウ(A4約10ページ)をワープロで打ち直し、表紙を付けて、1,000円で売ったことがあります。
あまり需要がありませんでしたが、それでも、20人くらいの人に買ってもらえました。

趣味ブログなどで稼ごうとすると、数十ページ以上必要になります。
また、ブログでは確実に収益が出るまでに半年以上かかりますから、クラウドソーシングの「出品」機能を利用して、数千円稼ぐという考え方もあります。

 

クラウドソーシング(タスク、コンペ、プロジェクト)では、あなたの記事について、著作権を放棄するお仕事があります。

 

私の例(趣味のノウハウ記事)のように、著作権を放棄せずに売る方法もあります。

 

出品例

例えば、以下のようものを出品します。
出品金額は、あなたが決めます。

 

デザイン系

  • SNSのアイコンデザイン
  • お店やホームページのロゴデザイン制作
  • 名刺のデザイン制作
  • パステル風の似顔絵を描く

2000~5000円くらいで出品されています。

語学・翻訳

オンライン翻訳で稼ぐ

  • 500ワード(外国語)→ 1000文字(日本語)に翻訳(3,000円)
  • 日本語 → 英文(200文字、3,000円)
  • スカイプなどによる学習(月1万円)
  • 外国在住、ブログ発信(500文字/日(回)、1月3万円)

 

記事作成、文章校正

  • ダイエット、ヘルスケアに関する記事のライティング
    1000文字×10記事
  • 記事作成では、タスクのお仕事より、文字単価が高い傾向があります。
    クラウドソーシングの上級ライター(評価が高い)と同等の金額で出品されています。
  • あなたが教えるデザインやロゴ作成など、あなたが「教えること」を販売することもできます。

 

ハンドメイドの出品
アクセサリーや雑貨、ファッション、ぬいぐるみ、ペットグッズなど、様々なものを出品することができます。

ココナラハンドメイドの例

ココナラハンドメイドの例

 

承認、非承認、不採用がある

クラウドソーシングでは、お仕事をしたのに採用されないこともあります。
コンペの場合は、1つの案件に対して、複数人が応募しますから、選ばれないこともあります。

 

記事作成の場合

記事作成の場合は、ルールに従って書く必要があります。
ルールを無視したり、一部にルール違反があると非承認となります。
ルール違反かどうかは、コピペチェックシステムを使ったり、人が目で見たりしてチェックします。

 

最初は、ル―ルやシステムに慣れるまで時間がかかるかもしれません。
慣れれば、高単価のお仕事ができるようになります。

 

記事作成ルールの例

  • ・キーワードに従ったポジティブな内容
  • 事実に基づいた内容
  • 個人的な感想は、禁止
  • 顔文字や(笑)(涙)、♪、☆等の使用は禁止
  • 「です」「ます」で表現する。
  • 「である」は禁止
  • ひらがな・句読点の多用による文字数稼ぎは禁止
  • 「~だと思います」「~だと思う」を多用する文章は禁止

記事内容の確認

  • 既存記事の引用やコピペをしていないか
  • 過去に投稿した記事を使っていないか
  • ネガティブすぎる内容で投稿していないか
  • キーワードと関係ない内容で記事を投稿していないか
  • アダルトに該当する内容やワードを使用していないか

 

クラウドソーシングにおけるライティングのお仕事について

 

システム利用手数料

お仕事をすると報酬から一定額がクラウドソーシング事業者に徴収されます。
その額は、お仕事の内容や報酬金額によって異なります。
例えば、各社のタスクのシステム利用量を比較してみます。
タスクは、比較的、アンケートや記事作成など、シンプルなお仕事です。

  • クラウドワークス:0%
  • ランサーズ:20%

ランサーズは、たくさん取られるなということではなく、はじめから手数料が引かれた金額をお仕事一覧に表示し、分かりやすくしているクラウドソーシング事業者もあります。

 

「発注者」と「ワーカー」

クラウドソーシングで必要なスキル、技能向上

クラウドソーシングでは、お仕事を発注する人と仕事をするワーカーがいます。
この2者を仲介するのがクラウドソーシング事業者です。

 

「発注者」と「ワーカー」は、各社で呼び方が異なります。

お仕事をする人

  • ワーカー
  • ライター
  • 記事を書く

 

お仕事(案件)を掲載している会社、人

  • クライアント
  • 発注者
  • 依頼者
  • お仕事をする側

クラウドソーシングのWebサイトを見ると、「お仕事をする人」用の内容と「発注者」の内容が混在していて、分かりにくいサイトもあります。

 

評価制について

発注者(依頼者)は企業や官公庁、個人ブロガーなどです。
直接、ワーカー本人と会うことはありません。

 

発注者は、ワーカーの顔が見えないため、しっかりと仕事をしてくれるか、信頼できるかどうか、不安です。
安心してお仕事を依頼してもよいかどうか見極めるために各クラウドソーシング会社は、評価制を採っています。

 

ワーカーは、簡単なお仕事から始めて、評価を上げていくと、高報酬なお仕事ができるようになります。

クラウドソーシング、本人確認で信頼度アップ

本人確認

ワーカーがクラウドソーシング事業者にワーカーとして登録する際、本人確認があるクラウドソーシングサービスとないところがあります。
信頼性の向上と複数の登録や不正防止のために行っています。
当サイトで紹介しているクラウドソーシング会社は、本人の個人情報収集の目的について、いずれも確認のみであることが謳われています。

 

確認書類は、運転免許証や保険証、パスポート、外国人登録証などです。
依頼者(お仕事を発注する会社など)には、あなたの個人情報は、提示されませんから安心してください。

あくまでも、クラウドソーシング会社が、お仕事の依頼者に対して、この会員(ワーカー)は、身分もわかっており、安心して仕事を任せることができますよ、というお墨付きを与えるためのものです。

 

本人確認がないクラウドソーシングもあります。

本人確認がないクラウドソーシング会社は、ポイント制を採用していることが多いです。
これらのクラウドソーシング会社では、獲得したポイントを現金にしたり、他のポイントに交換したりして、受け取ることができます。

  • サグーワークス
  • shinobiライティング
  • CROWD(げん玉)
  • モッピーワークス

CROWD(げん玉)やモッピーワークスは、併設のポイントサイトでも貯めることもできます。
ポイントは共通ですから、最低出金金額(ポイント)になるよう、ポイントサイトでCMを視聴したり、クリックやゲームでポイントを増加させたりすることができます。

 

プロフィール

安心して取引ができるか、どのような仕事ができるかの目安になります。
あなたのスキルについても記入しておきます。

クラウドソーシングでは、ネット環境で完結しますから、パソコンを使った仕事が中心となります。
パソコンのスキルや使用できるソフトについては、具体的に書いておくとよいと思います。

 

また、仕事に取り組む姿勢や熱意などについても記しておくと、安心できます。
他の人のPR文などが参考になります。
あなたが、依頼人(発注者)として、この人だったら、お任せできそうだ、安心して依頼できそうだというプロフィールを参考にするとよいと思います。

 

プロフィールだけでも、依頼者からスカウトがくることもあります。
ニックネーム・名前は、ふざけた名前でないほうがよいでしょう。

 

報酬の受け取りについて

クラウドソーシング、報酬を電子マネーで受け取る

以下のような受け取り方法があります。

  • 銀行振込
  • ウェブマネーやドットマネー(Tポイント、nanacoポイント、Amazonギフト券など)

報酬は後でもいいという場合、銀行振込の「キャリーオーバー方式」が使えます。

 

銀行振込の各方式
①自動出金、随時支払い方式

締日時点の未出金報酬額が基準の金額以上となった時点で振り込まれます。
基準金額は、1000円、3000円などに設定されるところが多いです。

 

②基準金額以上出金方式

締日時点の未出金報酬額が基準額以上となった時点で支払い
基準金額を設定できるクラウドソーシング会社もあります。

 

③キャリーオーバー方式

自動的に次回以降の締日まで出金が繰り越され、口座への振込はされません。

 

銀行の口座への入金は困る。報酬は電子マネーで受け取りたい。

事情により、電子マネーや金券で受け取りたいことがあります。
例えば私のように、自己破産手続き中に口座凍結されて現金が入らない場合です。

家庭の事情などにより、現金にしたくないという方もいます。
Tポイントなどに交換すれば、Yahooショッピング等で食料の確保ができます。

 

 

以下は、現金だけでなく電子マネーでも報酬を受け取ることができます。

  • サグーワークス
  • shinobiライティング
  • CROWD
  • モッピーワークス

報酬保証制度

あなたの支払われる報酬はクラウドソーシング事業者が一時的に預かります。
クラウドソーシング各社は、発注者から、あらかじめ報酬を預かり、お仕事が完了した段階で、あなたに報酬が支払われる方式を採っています。

 

このため、報酬が受け取れないということがありません。

 

会員数について

会員数が多いと、簡単で取り組みやすいお仕事が、早い段階で無くなることもあります。

昼間に掲載されたお仕事は、主婦の皆さんがやってしまいます。
本業がある方や学生さんの場合、帰宅途中や帰宅してからですと、短時間でできそうなお仕事が少ないと感じるかもしれません。

 

大手のクラウドワークスやランサーズは、会員数が多いですが、依頼者も多いため、何らかのお仕事があります。
大手2社に比べ、会員数が少ないクラウドソーシングなら、簡単で取り組みやすいお仕事が残っています。

 

本業がある方は、サグーワークス、bizseekなどが、お仕事が残っており、使いやすいです。

 

お仕事に必要なスキルについて

各社のページには、必要な知識やスキルアップのための学習コンテンツや先輩からのアドバイスなど掲載されており、心配いりません。

仕事の道具
パソコンが必要なものが多くあります。

マイクロソフトのワード、エクセルで提出するお仕事もあります。
マイクロソフトの製品を買わなくても、無料のソフトでもワード、エクセル形式の文書の作成ができます。

 

マイクロソフトOfficeオンラインアプリは、無料で利用できます。

 

マイクロソフトOfficeと互換性のあるOfficeソフトを無料で使う

 

年齢

クラウドソーシングは、年齢制限があります

ほとんどのクラウドソーシング事業者は、18歳以上となっています。
未成年の場合は、保護者、親権者の同意が必要です。

 

 最低種金額銀行振込電子マネー,金券で受取り年齢制限本人確認会員数
bizseek3,000円18歳以上、未成年は保護者同意任意不明
CROWDWORKS1,000円18歳以上、未成年は保護者同意あり126万人
REPO1,000円未成年は保護者同意なし17万人
サグーワークス1,000円なし15万人
シュフティ1,000円16歳以上未成年は保護者同意あり35万人
ランサーズ1,000円18歳以上、未成年は保護者同意あり100万人以上
ココナラ1,000円未成年は親権者の同意任意35万人
Shinobiライティング500円未成年は親権者の同意報酬受取時31万人
CROWD300円16歳以上未成年は保護者同意なし84万人
モッピーワークス100円12歳未満登録できないことがあるなし累計500万人

-ポイント・アンケートサイト, クラウドソーシング

Copyright© マイナスからのスタート , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.