初心者でも簡単にできるネット副業、アフィリエイト、ブログ・ホームページの作り方を紹介

マイナスからのスタート

クラウドソーシング

商品レビュー、サービス利用の感想を書いて、月10万円稼ぐ

更新日:

文字入力、文章作成で10万円稼ぐ
ポイントサイトで、一通り、メールマガジンの登録や資料請求、FX口座等の登録をすると、ポイントが稼げなくなってきます。
ポイントサイトでは、時々、あなたが登録していない新しいサービスが紹介され、大きなポイントをゲットできることもありますが、ここまで、大きく稼いできたあなたは、効率が悪いと感じると思います。

そう感じたら、商品やサービスのレビューや感想、体験談を書いてみてはいかがでしょうか。

 

商品やサービスの口コミ、レビュー記事で稼ぐ

商品やサービスの紹介、体験談などの文章を書けば、文字数等に応じて、ポイントが付きます。
ポイントでなく、現金払いのサイトもあります。

サイトのランキングを見ると、トップの方は、1日に1万円くらい稼いでいます。

月、10~20万円稼いでいる方もいます。

サラリーマンや学生さんなど、本業がある方は、月に1~3万円くらいだと思います。
私は、本業があるため、月、3万円くらいが最高でした。

 

文章作成が苦手という方も問題ありません。

各サイトが用意しているページに、商品レビューの基本が書いてありますから、ブログ運用を考えている方は、商品レビューやブログサイトづくりの練習にもなると思います。

様々なジャンルがありますから、得意なものを選んで取り組んでみてください。

苦手な方は、体験から書いてみたらいかがでしょうか。
商品やサービスのレビューは、個人による生の声が求められます。

ポイントや報酬を獲得するためには、商品やサービスのいいところを紹介します。
ネガティブな内容にならないように気を付けて書きます。

 

書けば書くほどポイントを獲得できる

ポイントサイト内などの商品レビューを使えば、必ずポイントがもらえます。
取得できるポイントの上限はなく、やればやるほどポイントが付きます。

パソコンでの文章作成が得意な方なら、体験談や興味のある内容の入力であれば、1時間で、2~3000文字以上打てると思います。
2~3000文字なら、400~600円程度稼げます。
1件あたりのポイントが高い案件が時々あります。

稼ぐ方は、1時間に600~1200円くらい稼いでいます。

集中力が続けば、たくさん書けますが、体力的に継続は難しいので、平均すると、1時間に1000円を切ってしまうと思います。

好きなジャンル、得意な分野、知っている情報、興味があるものなどを選び、さらに、ポイントが高いものからやっていくと、効率がよいです。

書けば書くほど、ポイントが増えるため、モチベーションも上がります。

 

文字数が多い案件を書くには

100から250文字くらいの文章を1つのブロックとして、それが、複数あると考えると書きやすいです。

↑この文章は、50文字です。
50文字くらいの文章を4つか5つ、つないで一つの内容について説明すれば、200から250文字になります。

1000文字なら、200文字×5と考えるとよいと思います。
または、以下のように構成してもよいと思います。
導入(150文字)
内容1(200~250文字)
内容2(200~250文字)
内容3(200~250文字)
まとめ(150文字)

商品レビューに慣れてきたら、ブログ運用も考えてみてはいかがでしょうか。

多数のレビューを書くようなると、自分のブログを使って商品を紹介すれば商品が売れそうだと感じるかもしれません。
その段階で、ブログ運用も考えてもよいと思います。

ブログ運用では、最初の半年くらいは、収益がないと思います。

半年後までは、ポイントサイトの商品レビューやクラウドソーシングの文章作成のほうが稼げると思います。

ポイントサイト内の商品レビュー等で、商品の紹介やサービスの感想等の文章作成に慣れてきたら、ブログ運用の準備をするとよいと思います。

どのポイントサイトを使うか

記事作成やレビュー作成ができるサイトはたくさんあります。

おすすめは、クラウドワークスです。
大手の企業や官公庁のお仕事が多数あります。

私は、自己破産で口座凍結されていましたから、振込されても出金できませんでしたのでクラウドワークスを使うことができませんでした。

自己破産で口座凍結している状況の方は、サグーワークスがおすすめです。
サグーワークスなら、ポイントに交換できます。

私は、自己破産期間は、主にCROWDというサービスを使っていました。
(サグーワークスの存在を、自己破産後に知ったためです)

CROWDは、文章作成で稼げる

複数試してみましたが、CROWDは、案件がたくさんあり、書きやすいものが、すぐに見つかります。

他のサイトでは、商品を購入(ポイントが付いて実質無料になる)し、使ってから書くものがありますが、CROWDは、購入しなくても書けるような案件ばかりです。

決め手は、Tポイントに交換できることです。
Tポイントなら、他のポイントサイトのポイントと合算できることです。

私は、自己破産手続き中で口座凍結されていた約10ヶ月間、CROWDで稼いだポイントをTポイントに交換したり、お米券をもらったりしました。

食べるために、ポイントサイトで稼ぐには、時間と体力が必要です。

本業がある方は、睡眠時間を削って体を壊さないようにしてください。

書くことで、儲かりそうだ、やれそうだと感じたら、ブログ運用も視野に入れておくとよいと思います。

 

クラウドソーシングについて

クラウドワークス」や「サグーワークス」、「ランサーズ」など、他にもライティングで稼げる有名なサービスがあります。

これらのクラウドソーシングサービスの報酬は、銀行振込です。
私は自己破産中、銀行口座が凍結されていたため、ポイントで報酬が受け取れるCROWDを使いました。

 

「サグワークス」は、ドットマネー経由でTポイントに交換したり、Amazonギフト券などに交換できます。
(私は、自己破産後に、サグーワークスを知りましたので、使っていませんでした。)

 

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

クラウドソーシングは、ライティングだけでなく、ロゴの制作やアイコン作成、コピーライティング、文章のリライト(書き直し、修正)、データ入力、アクセサリーの制作などがあります。

 

サグワークスの稼ぎ方

最高で月50万の収入!

登録直後は、慣れないため、1時間に500円くらいかもしれません。

ライティングスピードが上がれば、稼げます。

ライティングスキルが上がり、仕事の量や質により、あなたの評価が高くなると、単価も上がってきます。

1000文字書いて、700~1500円(1文字0.7~1.5円)くらい稼いでいる方もいますし、急ぎの案件であれば、1000文字で2000~3000円(1文字2~3円)というものもあります。

お仕事を複数こなし、評価が上がると、お仕事の依頼がくるようになります。

また、ブログ運営を考えている方は、キーワードの選び方や構成など、ブログ運営のヒントが得られると思います。
クラウドソーシング会社には、ブログ体験談の募集案件も、たくさんあります。
案件の指示事項を見ると、文章内に入れるキーワードや注意点などが書かれており、自然にブログの書き方が身につくと思います。

 

2、3登録してみて、あなたにあったもので取り組むとよいと思います。


 

クラウドソーシングにおけるライティングのお仕事について

 

ライティングのための道具など

 

テキストエディター(文字編集ソフト)

文章を書くときは、テキストエディターが効率的です。

投稿、編集中に作業内容が消える,テキストエディターで作業して投稿

 

キーボード入力が効率的

パソコンがあれば効率的に作業ができます。

スマホだけの場合、外部キーボードを使ってもよいと思います。
スマホ用の外部キーボードは、bluetooth(ブルートゥース)対応のものを選んでください。

ブルートゥースは、無線接続の一形態です。
スマホとキーボードは、簡単に接続設定ができます。

ブルートゥースのキーボードは、新品価格が高いため、ヤフオクやメルカリなどで買うと、未使用品が1000円程度で購入できます。

スマホを立てて使うグッズは、100円ショップでも売っています。

 

無料のオフィスソフト(ワード、エクセル)

クラウドソーシングでは、ワードやエクセルで納品する仕事もあります。

マイクロソフトOfficeのパッケージ版は数万円ですが、Officeオンラインは、無料で使えます。

 

マイクロソフトOfficeオンラインアプリは、無料で利用できます。

 

マイクロソフトOfficeと互換性があるOfficeソフトがあります。

パソコンにインストールして使います。

LibreOfficeは、企業や官公庁でも利用されています。

 

マイクロソフトOfficeと互換性のあるOfficeソフトを無料で使う

 

古いパソコン、中古パソコンを使う

壊れかけのパソコンを使う

一部に不具合があるパソコンなら、1万円以内で高性能のパソコンが手に入ります。

キーボードに不具合があるPCと外部キーボード

古いパソコンなら、中古で、2,3000円くらいで売られています。
私は、キーボードが壊れたノートPC(画面の一部にヒビ)に外部キーボードを接続して使っていました。

 

液晶画面に不具合があるPCと外部ディスプレイ

キーボードが壊れたパソコンが壊れてしまった後は、ジャンク品のパソコン(Windows10)を使っています。
これは、液晶画面に不具合があり、画面の一部が表示されないため、ジャンクです。

画面が割れているパソコンも使ったことがありますが、画面の一部が見えないと効率が悪いです。

画面が見やすいよう、外部ディスプレイを使用しています。
17インチの外部ディスプレイも、中古なら、2,3000円で売っています。
大きいディスプレイは、中古でも高いです。

中古のテレビもパソコンに接続して使えます。
パソコンとテレビにHDMIの端子があれば、簡単に接続できます。
モード切替で「PC」「パソコン」に設定すれば見やすいです。

ご家族でテレビを共有している方は、家族がテレビを見ない夜中などに使うことになってしまうかもしれません。

私は、タダで手に入れた液晶テレビ(電源が入らないジャンク品を修理)を外部ディスプレイとして使っています。
東芝製ですが、パソコンモードで使用しても、画面の枠の部分が隠れてしまい、全画面表示ができません。

 

眠っているパソコンにLinuxを入れて使う

眠っている古いパソコンがあれば、Linuxをインストールして使ってみてください。
Linuxは、パソコンを動かすためのシステムで、Windowsと同様の働きをしますが、無料です。

一台はWindowsパソコン,もう一台は古いパソコンにLinuxを入れて使えば、ご夫婦やご家族で、効率よく稼げます。

Windows xpやVista(2017年4月まで)など、マイクロソフトのサポートが切れたパソコンはありませんか。
古いパソコンや動作が遅いパソコンに無料のOS(Linux)を入れて使います。

Linuxの一つである「ubuntu」(ウブンツと読みます)というOSを入れてみてください。
古いパソコンでも動きます。

ubuntuには、無料のソフトオフィスソフトが入っています。

怪しいソフトではありません。

大手研究機関や大学などが共同で開発し維持しているものです。

もちろん無料です。

Ubuntu日本語チーム

https://www.ubuntulinux.jp/home

-クラウドソーシング

Copyright© マイナスからのスタート , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.