初心者でも簡単にできるネット副業、アフィリエイト、ブログ・ホームページの作り方を紹介

マイナスからのスタート

GMOクラウドiCLUSTA ブログ・サイト運営

iCLUSTAプラスへのドメイン移管とDNS情報変更作業

更新日:

新サーバーGMOクラウドiCLUSTA(お名前.com)へのドメイン移管(レジストリトランスファー)

1.新規契約時に他社で取得したドメインを使うを選択し、その後の指示にしたがってドメイン移管手続きを開始すると、1、2日でレジストラトランスファー完了のお知らせメールがあなたに届きます。(私の場合、土日でしたが、1時間かかっていません。)

メールの内容
・移管するドメインをお名前.com(GMOクラウド)へ移行した。
・新サーバーへデータをアップロードすること。
・アカウントマネージャーよりDNS情報の変更を行うことでサーバーへの接続が可能になる。

2.アカウントマネージャーでDNS情報の変更をする。
アカウントマネージャーのメニューから「契約一覧」をクリックします。

3.移管手続きしたドメインの「詳細」ボタンを押します。

レンタルサーバーDNS変更手続きGMOクラウドiCLUSTA

4.ドメイン名管理の「DNS登録(移転用)」ボタンを押します。
内容を確認したら、一番下の「申し込みを確定する」ボタンを押します。

GMOクラウドレンタルサーバーiCLUSAの移転登録申込確定画面

DNS情報の手続き完了メールが1,2日後に届きます。
(私の場合、「申し込みを確定する」ボタンを押してから数分後に届きました。)

ブラウザ(ChromeやEdge)にあなたのドメインを入力してみてください。

 

ワードプレスがインストールされていて初期設定がまだの場合は、アドレス欄に下記を入力してみてください。

DNS設定後は、ブラウザのアドレス欄に「ドメイン/サブディレクトリ/wp-admin/」を入力する。
あなたのドメイン/wp-admin/
あなたのドメイン/サブディレクトリ/wp-admin/

サーバー引っ越し時の平行運転について

ブログやWebサイトのデータの移動(構築)作業後、1カ月程度、新旧サーバーを平行運転します。
その後、旧サーバーのデータを削除します。

新旧サーバー平行運転するのは、インターネット上のDNSサーバーの情報が書きかえられるのに数日から1週間程度かかるためです。

多くのレンタルサーバー会社のマニュアルには、新旧サーバーの平行運転期間は、1カ月と書かれています。

 

企業や官公庁のサーバーをメンテナンスしている大手通信関係の上級SEさんに聞いた話ですが、新旧サーバーの平行運転は1週間程度でよいそうです。

国内だけを対象としたブログやWebサイトなら、3日でもよいと思います。
とのことです。

また、官公庁など重要なWebサイトでない個人のブログ程度のものなら、新サーバーへの引っ越し後、新サーバーの表示が確認できた時点で旧サーバーのデータは削除しても問題ないのではないかと言っています。

A8.netからレンタルサーバーの契約をすれば、あなたにキャッシュバックがあります。

A8.net無料会員募集!

 
おすすめレンタルサーバー 『GMOクラウドのiCLUSTA+』の詳しくはこちら

-GMOクラウドiCLUSTA, ブログ・サイト運営
-,

Copyright© マイナスからのスタート , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.