初心者でも簡単にできるネット副業、アフィリエイト、ブログ・ホームページの作り方を紹介

マイナスからのスタート

GMOクラウドiCLUSTA ブログ・サイト運営 ワードプレス さくらインターネット

プラグインを使ってサーバーのデータを移行する

更新日:

ワードプレスのプラグイン「All-in-One WP Migration」を使えば、簡単でスピーディにサーバーの引っ越し、移行を行うことができます。

ワードプレスプラグインで、レンタルサーバの乗り換えをする

使い方は、新旧サーバーのワードプレスに、このプラグインをインストールして、旧サーバーからあなたのパソコンにデータを丸ごとダウンロードします。
その後、新サーバーにそのまま、アップロード(ワードプレスからインポート)します。

 

ワードプレスやファイルの設定、データベース等、難しいことを考える必要はありません。
上記の作業を行えば、設定等も現在の状態のままサーバーの引っ越しができます。

 

3stepで引っ越しができます。
光回線等、通信回線の状態がよければ、数分でできると思います。
私は、ADSL回線のため、エクスポートに約30分、新サーバーへの移行に約30分でした。

 

プラグインを使ったサーバー移行作業

プラグイン「All-in-One WP Migration」を使って、引っ越しをすると簡単です。

このプラグインなら、サーバーにトラブルがあったときのためのバックアップも簡単にできです。

引っ越しするサーバのファイル容量について

アップロードファイルの最大は、512MBです。
512MB以上は有料です。
私の場合、約200ページのブログでしたが、約150MBでした。
512MBを超える場合は、方法があります。

All-in-One WP Migrationは無料でサーバーデータの移行ができます。512MB以上は有料

 

旧サーバーのデータをバックアップ(ダウンロード)

旧サーバーから、あなたのブログデータのすべてをあなたのコンピューター内にダウンロードします。

 

手順
1 旧サーバーのブログ(ワードプレス)にプラグイン「All-in-One WP Migration」をインストール、有効化します。

ワードプレスのプラグインを使ってデータをすべて移行、引っ越しする。

 

2 ワードプレスのメニューから「All-in-One WP Migration」を選び、エクスポートをクリックします。

ワードプレスのデータをエクスポート

 

3 「サイトをエクスポート」の画面から「エクスポート先」をクリックします。

ワードプレスのブログデータを引っ越すプラグインは超簡単

 

4 「ファイル」をクリックします。

レンタルサーバー乗り換え、ワードプレスのデータは、プラグインで引っ越す、移動する

 

5 クリックして、ファイルをエクスポートします。
(画面のドメインの部分の表示が大きくなったり、小さくなったりしますが、ウイルスではありません)
この画面に転送するファイルの容量が表示されます。
512MB以下であれば、無料でファイルの移行ができます。

プラグインを使ってレンタルサーバーのファイル、データベースを移行、引っ越しする

保存されるファイル名は、「www.あなたのドメイン-日付-番号.wpress」
になりました。
出力されたファイルは1つだけです。

 

新サーバーへアップロード

6 新サーバーのワードプレスのダッシュボード(管理画面)から「All-in-One WP Migration」をインストールし、有効化します。

ワードプレスのプラグインを使ってデータをすべて移行、引っ越しする。

 

7.ワードプレスのメニューから「All-in-One WP Migration」を選び、インポートをクリックします。

ワードプレスのプラグインを使って現在のサーバーデータをインポート

 

8.ドラッグ&ドロップで旧サーバからダウンロードしたファイルをアップロードします。

ドラッグ&ドロップで旧サーバからダウンロードしたデータファイル、データベースをアップロード

アップロード中

旧サーバーのデータベースを含むワードプレスデータをインポート

 

9.「PROCEED」をクリックします。

ワードプレスのプラグインを使えば数分でデータをアップロードできる

 

10.アップロード完了
「CLOSE」をクリックします。

ワードプレスプラグインで、データの移行、引っ越しが完了

 

11.ワードプレスのメニューのうち、どれかをクリックするとログイン画面が表示されます。
ログインすると、旧サーバーの内容が反映されていると思います。

 

サブディレクトリにワードプレスをインストールした場合は、上位階層(ドキュメントルートディレクトリ)で表示されるよう変更作業が必要です。

【ワードプレスの設定で上位階層の表示設定ができます】
サブディレクトリにインストールしたワードプレスをルートディレクトリで表示

 

旧サーバーのワードプレスからエクスポートされたファイルの容量
プラグインを使って、エクスポートしたファイルの容量は、ファルダ内の全ファイルの容量より少なくなります。

 

私の場合、FTPソフトでフォルダ内のファイルすべての容量を確認すると、約600MBありました。
しかし、プラグインを使って、エクスポートされたファイルは、約150MBでした。
150MBでしたので、このプラグインを使って無料で新サーバーへデータを移行することができました。

 

移動するデータのうち、大きな容量を占めるのが画像などのメディアファイルです。
私の場合、プラグインを使って写真を除いたデータをエクスポートすると、エクスポートされたファイルは約80MBでした。

 

写真などのメディアデータだけなら、FTPを使って移行することができます。
ファイルの容量が大きい場合は、写真データのみ移行し、その他は、プラグインを使って移行するのも一つの方法だと思います。

 

ワードプレスの画像データは、下記の階層にあります。

あなたのドメイン/wp-content/uploads/yyyy/mm/

 

一度エクスポート作業をして、その容量が大きい(512MB以上)場合、「サイトをエクスポート」の画面から「エクスポート」をクリック、「エクスポート先」の上にある「高度なオプション」をクリックし、「メディアライブラりをエクスポートしない」を選択します。

ほぼ無料で大容量のデータを移行できるプラグイン

メディアライブラリは、FTPソフトを使って移行します。

A8.netからレンタルサーバーの契約をすれば、あなたにキャッシュバックがあります。

A8.net無料会員募集!


ワードプレスの一般的なサーバー移行作業

一般にワードプレスで構築したブログやWebサイトのサーバーの引っ越しをする場合、旧サーバー上のファイルとデータベースを別々にあなたのパソコンにダウンロードし、その後、新しいサーバーにアップロードします。

 

ワードプレスのブログの引っ越しをする際、主に下記の2種類のデータを移行します。
・ファイル
・データベース

 

ワードプレスのサイトは、大きく分けてこの2種類で構成されています、
一般的な作業は、この2つのデータを別々に移行し、細かい設定をします。

 

ファイルの移行

ファイルは、FTPソフト(ツール)やレンタルサーバー会社が用意したツールを使って移行ができます。
旧サーバーのファイルを一旦、あなたのパソコンにダウンロードし、新サーバーにアップロードしたり、レンタルサーバー会社のツールを使って、旧サーバーから新サーバーへ直接、移行したりする方法があります。

 

データベースの移行

旧サーバーのデータベース管理画面からあなたのコンピューターにデータをエクスポートします。
その後、新サーバーのデータベース画面から、あたなのコンピューター内にあるデータをインポートします。
操作は、単純です。

 

インポート後、プラグインの導入、メニューの再構築、表示の修正等、いくつかの作業が必要になる場合があります。
旧サーバーで、どのような作業や修正をしたか記録がないと、元の状態に戻すことができません。
ソースファイルを変更したファイルがあると、どこを変更したか覚えていないことがあります。

 

私の場合、なぜか一部のページが抜けていたり、ページ内の表示が元の状態と違っていました。
この時は、新旧サーバーの各コンテンツを1つずつ確認しながら、コピーし修正しました。
一つ一つ、コピペをすることでコンテンツの見直しをすることができますが、100ページを超えると大変な作業です。

A8.net無料会員募集!


-GMOクラウドiCLUSTA, ブログ・サイト運営, ワードプレス, さくらインターネット
-,

Copyright© マイナスからのスタート , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.