初心者でも簡単にできるネット副業、アフィリエイト、ブログ・ホームページの作り方を紹介

マイナスからのスタート

GMOクラウドiCLUSTA ブログ・サイト運営 さくらインターネット

ドメインの移管,さくらインターネットからGMOのiCLUSTAプラスへ

投稿日:

私は、さくらインターネットから、GMOクラウドのレンタルサーバーiCLUSTA+へ、ドメインとサーバー(ワードプレスのブログ)を移転させました。

ドメインの移管の際、レンタルサーバーの契約者は、私(A男)から妻名義(B子)に変更しました。

 

その手続きや手順について、記しておきます。
私は、さくらインターネットで、複数のドメインを使って複数のブログを運用しており、そのうちの一部のドメインをGMOクラウドのレンタルサーバーに移管しました。

 

GMOクラウドのレンタルサーバiCLUSTAを選んだ理由
・A8.netから申し込みすればセルフバックがあり金額が大きい。
・「サーバー移行ツール」が使える。
・婚活サイトの運営で、アダルトな内容を書くかもしれない。

 

GMOクラウドは、時々キャンペーンをやっており、A8.netからのセルフバック(キャッシュバック)は、登録手数料と1年分の料金分が、ほぼ戻ってくることもあります。キャンペーン期間でなくても、数千円は自己アフィリエイトとして戻ってきます。

 

GMOクラウドのサーバー移行ツール

サーバーの引っ越し時は、ワードプレスのファイルやデータベースの移動が必要です。
単純にファイルを旧サーバーから新サーバーへ移動するだけでなく、設定ファイルの変更やDNS等の知識が必要になります。
移動や設定は、レンタルサーバー会社が用意した設定用の画面から行うだけでなく、あなたのブログやWebサイトのファイル、あなたのパソコン内の設定、FTPソフトの利用等が必要になります。

ネット上に作業のヒントはありますが、手動で行う場合、うまくいかないということが出てきます。
1つの設定ミスで失敗したり、解決までに何時間も調べたり試行錯誤したりして、なかなか先に進まないことも出てきます。

 

私は数回、サーバーの引っ越しを行ったことがありますが、電話等でサーバー会社のSEさんに聞きながら行ったこともありました。

GMOクラウドには、サーバー引っ越しツールがあり、簡単に行えそうでした。
このツールを利用すれば、旧サーバーから新サーバーへ直接データが転送されます。

ワードプレスのデータ移行をする場合、プラグインを使う方法が簡単です。
プラグインを使ってワードプレスのデータを移動する方法なら、どのレンタルサーバーでも対応できると思います。

 

サーバーの検証として
現在、使っているレンタルサーバー会社に、妻名義分を新たに追加契約することもできますが、以下のような理由もあり、別会社のレンタルサーバーを契約したいと思っていました。

  • 複数のレンタルサーバーについて検証したい。
  • 契約中のレンタルサーバー会社に何かあったときのため、サーバを分散して運用したい。
  • 私は、知人の会社のホームページ(結婚紹介、婚活)のメンテナンスをしていますが、その知人はホームページにアダルト要素を入れたいという意向をもっていて、アダルトが可能なレンタルサーバーで使いやすいところを探していました。

妻も恋愛関係のブログ作成はどうかなと考えていたようなので、ちょうどよい機会だと思いました。

知人のWebサイトの構築をするのに、使い勝手がわかっているレンタルサーバのほうがよいので、一度、iCLUSTAプラスの検証してから知人のサイトの構築をする予定です。
この知人のWebサイトは、サーバーの移転も予定しています。

 

GMOクラウドのiCLUSATはアダルトが可能

以前は、海外のレンタルサーバー会社を利用するケースが多かったそうです。
結婚紹介所をやっている知人からアダルト可能なサーバーを探し、ホームページでの運用ができるようにしてくれと頼まれていたのですが、躊躇していました。
GMOクラウドなら、国内のサーバーで大手ですから安心です。

 
 
A8.netからレンタルサーバーの契約をすれば、あなたにキャッシュバックがあります。

A8.net無料会員募集!

 



さくらインターネットからGMOクラウドへのサーバー移転について

旧サーバーは、さくらインターネットですが、私(A男)名義で契約していました。
旧サーバーでは、複数あるドメイン(複数のブログサイト)のうち、一部のブログは、主に妻(B子)が運用していました。

妻(B子)のブログ(ドメイン)のアクセス数が増加し収益が安定してきたため、独立して管理したいと思っていました。また、上記のような理由もあり、妻が運用するブログ(ドメイン)のみ、別会社のサーバーに移すことにしました。
新サーバーであるGMOクラウドのレンタルサーバーiCLUSTAは、妻名義で新たに契約しました。

 

ワードプレスで構築したブログの移転概容

以下のような手続き、手順で運用中のブログを移動させました。

名義変更の手順概要(A男からその家族B子に変更)

  1. さくらインターネットの契約者を私(A男)から妻名義(B子)に変更する。
    ドメインのみの変更でなく、全体を変更しました。
  2. さくらインターネットで運用している一部のドメイン(ブログ)の転出手続きをする。
  3. GMOクラウドのレンタルサーバーiCLUSTAの新規契約と同時にドメインの移管(転入)手続きをする。
  4. ブログ、Webサイトのデータを移動する。
  5. 必要に応じて、旧サーバーの名義を元に戻す。

今回、私は旧サーバーでA男からB子に名義変更しましたが、名義変更しなくてもできるかもしれません。

 

新旧2つのサーバーの平行運転

多くのレンタルサーバーでは、サーバーの引っ越し時、1、2カ月間は、2つのサーバーで、並行して運用するようマニュアルに記載されています。

理由は、インターネット上のDNS情報(サーバの場所)の書き換えに数週間かかるためだそうです。
データの完全移行を確認してから、移転元のサーバーからデータを削除します。
知人のSEさんによれば、現在のインターネットのしくみなら1週間程度でよいそうです。

 

サーバー移転前に確認したほうがよいこと

・あなたのブログやWebサイトのデーターのバックアップ
・ワードプレスを使っている場合、そのデーターの移動方法
・ドメインの管理(新サーバー会社で管理、旧サーバーのまま、他の会社)と移管方法

 

データのバックアップは、ワードプレスの場合、手元のパソコンに残ると思います。また、しばらく2つのサーバーを平行運転することで、新サーバーで何かあったときに対応ができると思います。

 

今回、私は、複数運用しているサイトの一部を移行しました。ドメインの移行も一部だけです。
私は、新サーバーでドメインを管理してもらうことにしました。

GMOクラウドの場合、GMOグループのお名前.comがドメインを管理していますが、新たにお名前.comでの契約等はありませんでした。
ドメインの手続きは、GMOクラウドの新規手続きの中で行われます。

 

ドメインは、旧レンタルサーバーで管理してもらうこともできます。
新サーバーの契約画面で、「ドメインは他社で管理する」を選択するだけです。
旧サーバーでは、ドメインの移管手続きをしないようにします。

 

また、「ムームードメイン」や「お名前.com」のようなドメイン管理会社で新たにドメインを取得し、データーのみ移行する方法もあります。

おすすめレンタルサーバー 『GMOクラウドのiCLUSTA+』の詳しくはこちら

 



-GMOクラウドiCLUSTA, ブログ・サイト運営, さくらインターネット
-,

Copyright© マイナスからのスタート , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.